院長紹介

院長紹介

院長紹介

技術も、居心地も、「最上」を目指して患者様との相互理解(インフォームドコンセント)を重視。
最善の治療は患者様が心から満足できる結果をもたらします。
大学卒業以後、国内外の高名な先生方の教えを請い、治療を実践・応用してきました。しかし、歯のみを治療しても改善しない症例に出会い、全身との関係を考えるようになりました。そして構造医学研究所所長・吉田勧持先生より構造医学を学び、日本歯科大学顎関節症センター長・丸茂義二名誉教授に師事し、全身と歯の関係について学ぶに至りました。
それにより日本人には日本人の生活習慣・食習慣に基づいた治療法があると知り、それを修得・応用することにより治療成績が向上しました。
また、最後方臼歯にセラミックを使用した、審美を優先し機能を無視した治療が、巷では多数行われているようですが、当院では審美のみならず機能を重要視した治療を行っております。
口の内側だけを診ていても、本当の意味での治療、そしてもっとも重要な予防にはつながりません。真の歯科治療のためには、全身との関係を考え、生活習慣の改善を行い、全身の健康を見据えた歯科医療が肝要かと考えます。
院長 藤川和久
院長紹介
院長 藤川和久
The director藤川和久
  • 1985年3月 大阪歯科大学 卒業
  • 4月 名越歯科 勤務  名越弌彦先生に師事
  • 1987年4月 名越歯科 副院長(就任)
  • 2001年4月 名越歯科 院長  (就任)
  • 2011年3月 藤川歯科 名越歯科から藤川歯科として移転開業
  • 2018年5月 法人化に伴い医療法人 Arrow 藤川歯科に医院名を変更
研修歴
歯周病・インプラント
歯周病・インプラント
  • 1987,1988年
    1993,1995年
    2007,2008年
    2013,2017年
    歯周病学世界的権威Lindhe教授臨床歯周病学
    コース修了
  • 1989年
    Nyman教授 歯周病学コース
  • 1992年
    Nevins先生 歯周・補綴・インプラントコース
  • 1988年
    Bronemark Implant systemコース
  • 1991年
    U.C.L.A インプラント科
咬合・顎関節症
咬合・顎関節症
  • 1987年
    P.E.Dawson先生 咬合再構成治療コース
  • 1987年
    F.Mongini教授  顎関節症コース
  • 1991年
    J.Haden先生   顎関節症コース
  • 1992年
    Okeson教授   顎関節症コース・咬合コース
  • 1995年
    Terry T.Tanaka先生  T・M・Dコース
  • 1988年
    H.Gelb先生   顎関節症・オーラルリハビリテーションコース
  • 2009年
    原節宏先生   顎関節症コース
関連・その他医学
関連・その他医学
  • 1995年
    劉宝崑教授 中医学セミナー
  • 1995,1997年
    吉田勧持先生 構造医学 原理・臨床コース
  • 他多数の先生の講義 受講
丸茂義二教授主催 丸茂研修会
丸茂義二教授主催 丸茂研修会
  • 1990年より
    日本歯科大学顎関節症センター長、丸茂義二教授に師事
  • 1993年
    ベーシックコース
  • 1995年
    アドバンスコース 臨床レントゲン像 読影コース
  • 1996年
    咀しゃく側判定コース クラウン総義歯コース
  • 1997年
    咬合分析コース
  • 1998年
    TMJエキスパートコース
  • 1999年
    2002年
    2003年
    咀しゃく側判定コース
  • 2002年
    歯周病講義
  • 2003年
    顎関節症の診断と治療コース修了
  • 2004年
    総義歯コース