一般歯科

一般歯科
一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科は、虫歯治療を中心に行われる歯科治療です。
    虫歯は誰もがなりうる身近な歯の疾患ではありますが、虫歯を放置してしまうと、歯を失うだけではなく身体にも影響がでてしまう恐れもあります。患者さまご自身の負担を最小限に抑えるためにも、早期発見が重要とされています。当院では、う蝕検知液を使用し、小さな虫歯も見落とすことなく治療を行います。
虫歯になるまでのステップ
虫歯の進行段階はCO~C4までの5つの段階に振り分けられ、段階により症状や治療方法も異なっていきます。
  • ステップ1
    食べカスや磨き残しがプラークを生み出します。
    プラーク(歯垢)の中には虫歯菌が潜んでおり、糖分をエサに更に増殖します。
    ステップ1:C0
  • ステップ2
    プラークに潜んでいる虫歯菌が酸を作りだします。
    ステップ2
  • ステップ3
    虫歯菌が作りだした酸が歯を溶かし虫歯となります。
    ステップ3
虫歯の進行段階と症状
虫歯の進行段階はCO~C4までの5つの段階に振り分けられ、段階により症状や治療方法も異なっていきます。
  • 虫歯段階:C0
    初期虫歯の段階をさします。初期虫歯は一見判断しにくいのですが、虫歯菌によって歯の表面からエナメル質が溶け出し、歯の色が白濁、臼歯の歯の溝が茶色く変色しており、初期虫歯のサインとされています。
    <自覚症状>
    特になし。
    <治療方法>
    初期虫歯はフッ素塗布や、歯磨きで再石灰化を促すことでき、虫歯が改善することもあります。
  • 虫歯段階:C03
  • 虫歯段階:C1
    エナメル質が更に溶け出し、表面が黒ずんだり、小さな穴が空いたりします。この段階で治療を行えば治療は最小限で抑えることが可能です。
    <自覚症状>
    自覚症状はなく、定期検査で発見することが可能です。
    <治療方法>
    虫歯部分を削り詰め物で失った部分を補います。
  • 虫歯段階:C13
  • 虫歯段階:C2
    エナメル質の下の層にある象牙質まで病状は進行している状況です。見た目にもその症状は著しく現れ、穴が空き歯も黒くなります。
    <自覚症状>
    自覚症状も徐々に現れ、冷たいものがしみるように感じる場合もあります。
    <治療方法>
    虫歯部分を削り詰め物で失った部分を補います。
  • 虫歯段階:C23
  • 虫歯段階:C3
    歯の神経まで虫歯菌が侵略し、歯の神経を取り除くことが必要となります。
    <自覚症状>
    この頃には痛みが増し、ズキズキと持続する痛みを感じます。治療に必要な麻酔も効きにくくなります。更に虫歯が進行すると、神経が死んでしまい神経による痛みは感じなくなります。
    <治療方法>
    神経を取り除くための、根管治療が必要となります。根管内を消毒し、土台を入れて被せ物をします。
  • 虫歯段階:C33
  • 虫歯段階:C4
    虫歯菌の脅威は収まらず、遂には歯のほとんどが溶かされ、歯の根っこの部分である歯根だけの状態となります。
    <自覚症状>
    膿が出て、口臭も強くなります。歯根の周辺歯肉にまで炎症が達し、炎症による更なる痛みや熱が出ることもあります。
    <治療方法>
    歯を残すことは困難であり、抜歯が必要になる場合がほとんどです。抜歯後は義歯(入歯)やインプラント治療が必要となります。
  • 虫歯段階:C43
初期虫歯と呼ばれる状況は、歯のエナメル質が脱灰した状況をさします。虫歯が進行してしまった場合は、歯髄と呼ばれる歯の神経にまで虫歯菌が侵食し、痛みを伴い神経を取り除く歯根治療などを行わなければならず、治療期間は長くなり、最悪の場合は歯を失いかねません。

そうならないためにも、早期発見・早期治療が重要であり、定期健診を行い、健康な歯を生涯維持しましょう。
一般歯科