入れ歯(義歯)治療

入れ歯(義歯)治療
入れ歯(義歯)治療
  • 入れ歯(義歯)治療
  • 虫歯や歯周病などで歯を失った場合、失った歯を補うために、治療を行う必要があります。失った歯を補う治療方法はブリッジ、インプラント治療などもありますが、費用の面や患者さま自身の身体への負担も少ないと言われているのが、入れ歯治療です。
  • 入れ歯(義歯)治療
  • 入れ歯といえば「合わない」「噛みづらい」「痛い」「しゃべりづらい」など、マイナスイメージをお持ちの患者さまも多くいらっしゃるのが現状ではありますが、当院ではしっかりとした治療計画と、確かな技術をもった歯科医師や歯科技工士のもと、一人一人の患者さまに適合した入れ歯を作り上げます。

金属床義歯

保険診療の入れ歯は、そのすべてがレジンと呼ばれるプラスチックで出来ています。破損しやすく、レジンにできた細かな傷に細菌が付着しやすいなどのデメリットもありましたが、金属床義歯は口の中から見えない部分を金属にすることで、より口の中で適合しやすくなり、破損しにくく、衛生的にも優れた入れ歯です。
メリット
  • ・破損しにくい
  • ・衛生的
  • ・金属部分は熱伝導率もよく、より美味しく食事できる
デメリット
  • ・金属アレルギーの方には不向き
  • ・金属を使用するため高価

マグネットデンチャー

部分入れ歯の場合、健康の歯にクラスプと呼ばれる金属の留め具をかけ、部分入れ歯を装着する必要があります。クラスプが口の中で目立ってしまうことや、健康な歯に負担がかかることがデメリットでありましたが、マグネットデンチヤーでは、歯根部分(歯の根っこ)に金属を埋め込み、強力なマグネットで装着する入れ歯であり、クラスプがないため、審美的に優れています。
メリット
  • ・クラスプがないため、入れ歯を装着していることが分かりにくい
  • ・健康な歯に負担がない
デメリット
  • ・歯根がない場合は適応されない

コーヌスクローネデンチャー

歯に金属の内冠と呼ばれる土台を設け、土台に設置する外冠と呼ばれるクラウンと一体化した入れ歯を、内冠に装着することで、非常に安定して入れ歯を装着することが可能です。制作には歯科医師と歯科技工士の連携が不可欠であり、取り扱っている歯科医院は多くなく、歯科技工士在住の当院だからこそ制作可能であります。
メリット
  • ・クラスプがないため、入れ歯を装着していることが分かりにくい
  • ・安定性があり、しっかりと噛むことが可能
デメリット
  • ・土台となる歯がない場合は適応されない

インプラント併用デンチャー

インプラントを併用して装着する入れ歯です。土台をつくるために、インプラントを手術で埋め込み、その上から磁石が装着されている入れ歯を被せます。
メリット
  • ・土台となる歯根がない場合適応します
  • ・クラスプがないため、入れ歯を装着していることが分かりにくい
  • ・安定性があり、しっかりと噛むことが可能
デメリット
  • ・入れ歯に安定性をもたらすためにも、数本のインプラントが必要になる
  • ・インプラント治療も併用するため高価

アタッチメントデンチャー

アタッチメントと呼ばれる特殊な装置を使うことにより、金属性の入れ歯のひっかけ(クラスプ)を無くして作る入れ歯です。入れ歯とはわからないようにすることが出来ます。
メリット
  • ・入れ歯とはわからない
デメリット
  • ・歯根がない場合は適応されない