歯周病治療

歯周病治療
歯周病治療
  • 歯周病治療
  • 普段歯磨きを行う時に、歯肉から出血することはありませんか?
歯肉からの出血は、歯周病の症状の1つであり、決して見落としてはいけない口の中のサインです。日本人の約80%の成人がすでに歯周病に罹患されていると言われるほど、身近な疾患であり「歯肉から出血」を放置してしまう場合も多く見受けられます。

痛みもなく病気が進行しますので、「歯が揺れる」「膿が出る」等の症状が出た時にはかなり進行しており、歯周病を放置してしまうと、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐れもあり「歯肉から出血」は見過ごしてはいけない症状と言えるのです。

食べかすやブラッシングの磨き残しの汚れが、プラーク(歯垢)を生み出します。プラーク1mg中には、数万兆にもなる歯周病菌が潜んでいます。

その歯周病菌が潜んでいるプラークが、唾液の成分と反応して歯石へと変貌します。歯石はその名の通り、石のように硬くなり歯ブラシによるブラッシングでは除去できない物質となります。

歯周病菌が潜んでいる歯石は歯を支えている、歯肉・歯槽骨、歯根膜、セメント質である歯周組織を溶かしていき、ついには歯が抜け落ちてしまう状況に陥ります。

歯周病のサインを見落とすことなく、早期に治療を行うことが重要となります。
下記のような症状がある場合は、歯科医院で診察を受けることをおススメします
歯周病の症状
  • ・歯肉がかゆい
  • ・歯肉が腫れている
  • ・歯磨きをすると常に出血する
  • ・口臭が気になる
  • ・歯が長くなった気がする
  • ・歯がグラグラする
  • ・歯が浮いた感じがする
  • ・歯と歯の間に隙間ができた
歯周病の症状
歯周病の診断
当院では下記の検査を行い、歯周病診断致します。
  • レントゲン
    レントゲン撮影を行い、歯槽骨の吸収の有無を確認します。正常な歯槽骨は歯の根っこの部分である歯根と歯槽骨がはっきりと明瞭に映し出されていますが、歯槽骨が吸収されている場合は、歯根と歯槽骨の境目が不明瞭となります。
  • レントゲン
  • ポケットの深さを測定
    歯と歯肉の間の溝である歯周病ポケットの深さを測定します。歯周病が進行するにつれて歯周ポケットは深くなります。
  • ポケットの深さを測定
歯の動揺度のチェック歯の動揺度のチェック
歯のグラつき度を検査します。生理的な歯のグラつきを0度(正常)とし、1度~3度までが歯周病の進行度の判断基準となります。
  • 動揺度0度
    正常です。
  • 動揺度1度
    初期の歯周病 歯が前後に動く
  • 動揺度2度
    中期の歯周病 歯が前後左右に動く
  • 動揺度3度
    重度の歯周病 歯が前後左右、更に上下に動く
歯周病治療
  • ブラッシング指導
    正しいブラッシング方法の指導を受けましょう。歯周病の患者さまの多くは、歯を磨くことが毎日の習慣として行われておらず、誤ったブラッシング方法で歯を磨いている傾向が見受けられます。正しいブラッシング方法、歯磨きの習慣を身に着けることが重要です。
  • ブラッシング指導
  • スケーリング及び、ルートプレーニング
    歯ブラシでは除去できない、歯石をスケーリングで除去し、再び歯石が形成されないように歯面を滑らかにします。
  • スケーリング及び、ルートプレーニング
  • 歯周外科治療(フラップオペ)
    歯周病が進行してしまった場合、または改善されない場合は歯肉を切開し、歯石や汚れを直接目で見て除去する歯周外科治療を行います。
  • 歯周外科治療(フラッペオペ)
定期的なメンテナンス
歯周病は以前「不治の病」とまで言われた歯肉の病気です。治療で歯周病が改善できても、再び歯周病となってしまう場合も多く、定期的に検査やクリーニングを行うかどうかで歯の健康寿命に差が出てきます。
ホワイトニング